BLOGブログ
BLOG

お見合いで気の合う人

2018/07/02

こんばんは。

 

今日は特に暑い1日…。

庭の水やりをしていると、背中がジリジリと灼ける感じがして、収穫を終えてそそくさと家の中へ逃げ込みましたよ(`・∀・´)笑

 

そして、庭で採れたトマトやイチゴたちは、学校から帰ってきた息子のお腹の中へ入っていきました♪

 

 

さて、今日は「お見合いで気の合う人」というお話。

 

 

皆さん一度は経験があると思うのですが、会ったばかりですぐ好きになれる相手がいると思えば、初対面なのになぜか虫の好かない相手がいることってありませんか。

 

どうして、特定の人にだけ会った途端に安心感を覚えたり、一緒にいて楽しい、心地いいと感じるんでしょう…?

 

 

出会いの場面を想像してみてください。

 

相手のどこを気に入ったんだろう…

行動だったり、態度だったり、どこか共通点がなかったですか。

 

 

 

 

実は、仲良くなる相手にはたいてい共通点があるんです。

 

たとえば、考え方が同じだったり、音楽や食べ物の好みが似ていたり。

 

読む本や休みの日の過ごし方、趣味、スポーツ、遊ぶ場所がにているほうが、一緒にいて楽しいし、互いに好感を持ちやすかったりしませんか。

 

 

実は…(このフレーズ続いてる。笑)

私たちは、自分に似ている人を好きになることが多いんですよ。

親近感を覚える人といると、自然とくつろげるものなんです。

 

 

「親友」で考えてみると…仲がいいのは、意見が一致したり、行動のパターンが似ていたりしませんか?

細かい点では意見が違ったり、口喧嘩したりもあるかもしれません。

 

でも、振り返ってよくよく考えてみると、自分と親友は本質的には似ていませんか。

 

 

 

興味が似ていれば、自然と相手に親近感が湧く。

例えば、同僚の中に、自分と同じ安室ちゃんのファンがいたら、他の同僚より親しみを感じますよね。

 

 

外見や趣味だけじゃなくても、考え方のように内面的なものが似ている相手にも自然と親しみを覚えるはず。

 

 

話がどんどん弾む相手といるのが楽しい人もいれば、物静かな相手のほうが落ち着ける人もいます。

優しい言い方をする相手が好きな人もいれば、ズケズケものを言う相手のほうがさっぱりしていていい、という人もいます。

 

 

人それぞれ、好む相手が違うんですね。

 

 

 

「お見合いで気の合う人」は、もしかしたらあなた自身と似ている人かもしれませんね。

 

そんな人と出会えたら、きっと「安心感」を感じられるはず。

そして、その出会いはうまくいく、かもしれませんね♡